2019-09-01
カテゴリトップ>パーカッション>カホン>越仮カホン
受注製作 【亀甲彫+3連スナッピー】 越仮カホン スタンダード・ K's factory 檜使用・日本製 / ST-23-in(T)sh(C)-(C)-(C) 亀甲彫
高級和太鼓にも採用される亀甲彫を施した重低音+3連スナッピー採用。圧倒的な存在感を纏う1台です。

三重県の工房でハンドメイドで製作される国産カホン”越仮(こしかり)カホン”。 本モデルはその越仮カホンの中でも特に手をかけて造られたモデルです。

素材は檜(ヒノキ)。高音・スネア音の要でもある響き線は搭載できる最大限の3本を装着。 さらに、内部には響き線の当たり具合を簡単に調整できるレバーを備えつけています。 また、音響効果を最大限高めることを狙い、本モデルは特別に内部を亀甲彫りで仕上げています。
これは高級和太鼓にも使用される技法で、残響音を抑えてクリアな重低音を創出します。

外側の側面には削りだし加工を施し、見た目にもこだわっています。 手工による一つ一つの削り出しが、天然の素材本来の強さ、猛々しい質感を伝えてくれます。

サウンドは、檜ならではの腰のある野太い低音と3連の響き線によるスナッピー音で、全体的に太い豊かな低音を基軸にしつつ、高音も効いたメリハリのある音質です。
スナッピーの無い反対側の打面は和楽器を思わせるような素朴な檜のサウンドを楽しむことが出来ます。

大量生産の楽器には真似をすることが出来ない、製作者の息吹が感じられる”作品”と呼ぶに相応しい一台です。

【越仮カホンについて】
越仮カホンは、地元・三重の桧(ひのき)の無垢板を使っています。ひのきは適度な厚さの板にするとそれだけで心地よく響く、硬さと柔らかさを備えたバランスのいいやさしい音を奏でます。

また、2打面仕様も越仮カホンならでは。スナッピーの効いているほうの打面は太く、気持ちの良い中低音とキレのあるバズ音が特徴です。もう一方の打面はナチュラルでよく通る硬めのサウンドが特徴です。
通常、一般的なカホンの材質は外国産の合板を用いることが多いのですが、尾鷲のひのきの単板で組んだ「越仮カホン」は、全体的にヌケが良く腰のある温かい音色が特徴です。

見た目も重厚で美しく、また、爽やかな檜の香りもアイデンティティを構成する重要な要素の一つです。




三重県の工房にてハンドメイドで製作される極上カホン!
価格
55,000円 (税込59,400 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
納期目安:1-2ヵ月
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ページトップへ戻る

S